スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2015.02.24 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    術後3日目 退院

    0
      (ただ今遡って書いております)

      5時頃、明るくなって目覚めてしまった。
      マスクの効果があって、少し良くなった。でもまだちょっと喉がゴロゴロするかな。

      まだ寝てる人もいるので、音を立てないように起きて、スマホいじったりしながら過ごす。
      大野さんのラジオを聴く。今日も癒された(*´ω`*)

      窓のカーテンを上向いて開けたら、咳が出そうになった。古い病院だからなぁ。気をつけよう。

      予定では今日退院できるはずだけど、どうかなー?絶対退院したいよ。

      看護師さんから「手術を受けられた方へ」というA4、3枚ほどの紙をもらった。
      子宮を取った人へのいろいろ説明とか注意が書いてある。

      「家事全般は手術後2週間以降にしましょう」
      いや、無理でしょ…普通、帰ったら溜まりまくった家事が待ってるもんですよ…。

      そういえば、子宮取っていいですよね?みたいなこと一度も聞かれてないんだけど、もしまだ子どもを望んでるとしたら、いつのタイミングで言えば良かったんだろう。何も言わなければ子宮取られちゃうの?
      筋腫が大きいから、子宮も一緒に取った方がいい、というようなことは言われたような気がするけど、その時かな。
      まぁ子ども1人いるし、いいんだけど。
      今思えば、2人目できなかったのは筋腫のせいだったのかな。うーん、でも10年前、しかも外側だし、そんなに影響したとも思えないんだけどね〜。
      40代半ばなら、まだ産む人だっているし、もしかしたら2人目まだ欲しかったかもしれないじゃん。
      2人目待つのをやめてだいぶ経つから、すんなり受け入れられたけど。
      これまだ少しでも期待してる時だったら、心の準備に時間がかかったんだろうな。
      ベストタイミングだったと思っておこう。

      8時、朝ご飯。そうそう、ふりかけを持って来てたんだった。
      ふりかけなんかお茶碗についてたら、作った人がちょっと悲しむかな、なんて思ってちょっと遠慮しちゃったけど、よく考えたら洗うのなんか機械だし、作った人はお茶碗なんか見ないだろう。考えすぎ(笑)
      そんなこんなで結局まだ一度も使ってなかったけど、今朝はおかずが足りなくてご飯余っちゃったからふりかけかけよう。キレイに食べるから(笑)

      歯磨きしていると、主治医の先生が病室に入って行くのが見えた。同室にはいろんな科の人がいるので、あの先生の用があるのは私しかいないだろう。
      声をかけると、いよいよ退院のための診察があるという。やったー!

      歯磨きを終え、内診台のある婦人科病棟へ。
      ナースステーションで聞いてみると、先生行方不明。ううむ、歯磨き早すぎたか…(笑)
      廊下の穴開き椅子で待つように言われる。
      うわーこれ懐かしい!!家に欲しいと思ってたよ当時!!(笑)
      新生児室が見当たらないけど、近くじゃないのかな。ガラス越しにでも見れると良かったなぁ。

      …などと考えていると、先生が小走りでやってきた。あっ、すみません…。
      お腹の4つのガーゼを取る。お臍は溶ける糸で縫ってあるのが少し見える。もうこのまま何も貼らないらしい。
      他3つの傷には半透明のテープが傷と垂直方向に貼ってあり、どうやら傷は縫ってなく、テープで押さえてある模様。
      え、7mmとはいえ、縫ってないの…!!接着剤みたいなのでつけてあるのかな。見た目ただの切り傷だけど。
      先生はテープの上から見て「うん、大丈夫。絆創膏みたいなのは取れちゃったら取れちゃったでいいから」とそのまま。
      えっ、これ手術の日から貼ったままなんだけど、取れるまでこのまま貼りっぱなしでいいの…。
      内診と、背中からエコー。手術の時に尿管を傷つけると腎臓が腫れたりするので、そのためのチェック。
      出血はほぼなし。汚れ程度かな。本当に汚れかも…(笑)もう4日くらいシャワーしてないんだもん。

      そしてめでたく退院許可が出ました。やったー!
      お風呂はまだで、しばらくシャワーで。
      退院後の診察の予約(2週間後)をして終了。
      先生に「でっかくて大変ですみませんでした(笑)」って言っておきました。だってほんと申し訳なくて…。
      お腹がまだ出っ張ってるのは、出産後すぐにはお腹が引っ込まないのと同じで、たぶん筋肉とかの関係なんだろうけど、次の診察かその次くらいには引っ込んでると思うので。と言われ「楽しみです(≧∇≦)」と言ってしまった(笑)
      だって尋常じゃないくらい出っ張ってたんだもん…ぺったんことはいかなくても、少しは引っ込んでもらいたい。
      そのために新しいズボン買わないで我慢してるんだから(笑)

      いそいそと病室に戻り、いっぷく!を見る。まっすーにも癒される(*´ω`*)
      あっ、夫に連絡しなきゃ。退院決定なので10時頃来い、っと。
      何時とは言われてないけど、お昼までに出ないと次の人が入れないものね(笑)
      まっすーの弟子にしてくださいコーナーが終わったので、荷物をまとめる。まぁそんなに広げてないので、すぐに終わる。
      着替えは、いつしていいのかしら…。もう着替えちゃえ。
      来た時と同じ服(洗濯してもらった)を着る。
      帰りも着るつもりでチョイスしたけど、ズボンのゴムがお臍に当たりそう。気をつけて歩かねば。
      臍上のズボンなんてないけどねぇ。

      10時過ぎ、夫が来る。
      会計が出たら帰っていいそうなのだが…ベッドまで知らせに来てくれるのかしら。
      11時過ぎになって、会計の人が来て、まだ計算が出ないので、後日支払いか、カードで…とのこと。
      いや、最初からカード払いって書いておきましたけど。ということで後はよろしくお願いします。
      まぁこれで帰れる。やったー!

      病院の前からタクシーに乗る。はぁ〜外は暑いのう。
      5日ぶりの家ですよ!フゥ〜!
      ズボンのゴムがやばいので、スカートにする。ゴムをぐぐぐーっと臍上にして(笑)
      ああこのお腹の中の感じ、動くたびに内臓が動いてるのか。そういえば出産の時もそんなことあったなぁ。どんな感じかなんてすっかり忘れてたけど。

      そしてフェリシモのパンツを探す。あったー!3枚!!
      早速はき替える。おおお、いいじゃん!!臍上で!!最初からこれ持って行けば良かったよ。

      そして、シャワー!!結局入院した日に入ったっきりで、いろいろやばい感じになっている(笑)
      お腹にはあまり水がかからないようにして、頭洗う!!
      電気毛布で汗かいたし、ぺったりしてて早く洗いたかったよ!

      体重を量る。あれ、ちょうど1kg減…いや、取ったの1kgだけどね…1日絶食、腹八分目の毎日だったのに…減らないのか…。

      夫がパン買って来てくれたよ!!うまー!うまー!
      普段は雨でもないのに昼間からエアコンつけないんだけど、退院後1週間ぐらいはつけていいと夫の許可が出てるので!エアコンつけて、溜まった録画を確認。今晩の録画の空きを確保。
      どれから見よう〜やっぱ金田一かな!
      金田一は剛ちゃん以来見てなかったんだけど、山田くんの金田一はいいね!おっぱい好きで(笑)
      次回も楽しみだー!まっすー!
      オープニングの暗号が気になり、メモして、わからないものは検索…なんだこれ、難しすぎる。わかるか!(笑)

      溜まったメールも確認。ショップの注文は止めてるし、何もないはず。迷惑メールばっかだった。

      夫が、ご飯も洗濯も掃除もやってくれるよ!まさに上げ膳据え膳!!イイネ!!(笑)
      座ってできる洗濯物畳みだけやらせていただきました。
      あとこの荷物を片付けるのが面倒だなぁ。今日じゃなくていいかなぁ(笑)

      息子が部活で行った美術館から帰って来た。久しぶりの再会♪

      結局、iPodと文庫本は使わなかった。4泊5日で、うち1日は寝たきりだし、結構忙しかった。編み物だけで手一杯。
      嵐かNEWSの新しいアルバムでも出たばかりなら聞いたんだろうけど…。「ピンクとグレー」も読まなくてごめんねシゲ先生。外来の待ち時間の時に読んでるから。
      あとストローね。1本で足りました(笑)



      ブログランキングに参加しています。
      よろしかったらひとポチお願いします。
      にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ
      にほんブログ村

      JUGEMテーマ:子宮筋腫


      術後2日目 点滴外れる

      0
        (ただ今遡って書いております)

        夜中に予定していた点滴が全て終わり、針が外された。やったー!よりすっきり。

        痛みは10段階で1くらい。傷の痛みはほとんどない。ガスはまだ出てないけど、もしかしたら腸が張ってるかも。
        仰向けでしか寝れないので、腰が痛い。咳も出そう。痛いから我慢。
        6時頃起きる。朝食まで暇なので、ズボンのついたパジャマに着替え。柄がいまいちだけど、母が買って来てくれたパジャマを着るよ…。

        8時、朝食。おおっ!パンだ!!嬉しい!!
        冷凍パンだけど、温めてあってあったかい。久しぶりのパン、美味しい(*´д`*)
        小さいパン3つ、野菜の入ったスクランブルエッグ、果物、牛乳。
        牛乳そのままは苦手だけど、がんばって飲みました。

        日曜なので、看護師さんも少ないのか、あまり来ない。暇…。
        点滴取れたから編み物できるけど、まだ眠いのでうとうと。

        うーん、なんかパンツのゴムがきつい。昨日はきつくなかったのに。常食になったからかしら…。
        臍上が苦しいので、タオルを挟んだりしてみる。
        おばちゃんパンツLなのに〜。

        お昼。ご飯の常食。ますます苦しくなるパンツのゴム(笑)

        テレビカードを使ってニノさんを見る。

        ベッドを起こして、うとうと。
        どんどん歩いて、って言われたけど、用ないし。眠いし。パンツ苦しいし(笑)
        ベッドから起き上がるのも大変だよ。

        隣のベッドに来たおばさま。自転車にぶつかられて怪我したらしい。息子と孫に向かって、相手は保険に入ってるの?入ってなかったら親が払うの?とか聞いている。
        んんん、相手は子ども?も、もしや、うちの子じゃ…!!
        いつも自転車で飛ばしてるし、あり得る!!
        夫にLINEするも、返事なし。もう家出てるのか…歩いて来るって言ってたしなぁ。
        ああ、心配、心配。

        母が来た。ズボン付きパジャマを着てるのを見てがっかりしている。せっかく長いパジャマ急いで洗ってきたのにーって。そんないつまでも着ないよ。

        夫が来た。息子は自転車事故など起こしてないらしい。良かった…。
        頼んでおいた糸を買って来てくれたけど、黒はなかったと言う。代わりに黒っぽい毛糸を買ってきた。
        え、頼んだのアクリル+リネンの糸ですけど。まぁいいや…鼻のとこだけだから。
        特にすることもなく、すぐ帰る。

        夜ご飯。相葉マナブ見たかったけど、ご飯の時間だからね。録画してるから我慢。

        咳が出るし咳すると痛いし気管支がゴロゴロいうので、咳の薬もらえないかとナースステーションに聞きに行った。
        薬もらえないか、という聞き方が悪かったのか。むげもなく断られる(泣)
        いやあの、咳をしたら傷が開いちゃうんじゃないかと思って、咳止めた方がいいのかなと思って聞いたんだけど。
        それくらいで傷が開いたりしないので、むしろ咳をして異物は排出した方がいい。とのことなので、まぁちょっと安心。

        後で看護師さんが来て、咳はエアコンのせいかも。病院って乾燥してるから。と言って、マスクをくれました。
        ああ、これで今晩は安心。

        マスクを装着し、就寝。



        ブログランキングに参加しています。
        よろしかったらひとポチお願いします。
        にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ
        にほんブログ村

        JUGEMテーマ:子宮筋腫


        術後1日目 結構スパルタ

        0
          (ただ今遡って書いております)

          あまり寝た気がしない夜が明け、外が明るくなってきた頃、右手をグーパーグーパーしてから、再びふたに挑戦。何とか開いた。2口くらい飲む。点滴もしてるし、全然水分欲してないです。錠剤飲めるほど水飲めないよ。

          腰が痛くなってきた。
          足とかなるべく動かしてくださいねー、って言われたけど、でっかい足マッサージ器ついてるし、尿カテついてるし、そんな動かせないよ…。でもずっと仰向けのままで腰が痛い。朝になれば起こしてくれるはず。もう少しの辛抱だ…。

          夜勤のイケメンから別の看護師さんに替わり、腰が痛いのでベッドを少し起こしてもらった。ああ、少し楽になった。
          痛みは10段階でどれくらい?と聞かれ、3と答えた。もうどこが痛いのか、これは傷が痛いのか、腸が張ってるのかわからないけど、3くらいかなって思った。

          当直の医師です、という人が来て、ドレーンを抜いた。怖いしめがねないので見てないけど、どういうふうになってたんだろう。
          管を外し、そのままガーゼを貼った。えっ、そのまま?縫ったりしないのかしら…。

          9時とか10時とかそれくらいだろうか。看護師さんが来て、じゃあ起きてみましょうか。と言う。
          足マッサージ器を外し、尿をためた袋を点滴台にぶらさげ、看護師さんが促す。
          ああ、尿カテつながったまま歩くのね…。
          ベッドの柵につかまり、起き上がる。筋力落ちてるし、お腹も痛い。ううう。

          余談ですが、目の手術の時、4日間顔も動かせない安静でした。4日目起き上がる時、背中とベッドに大きな磁石がついてるみたいに体が重かった。23歳なのに…。
          なので、1日でも40代にはキツイです。

          何とか起き上がり、オペ着のまま、点滴台につかまってトイレまでゆっくり歩く。
          こんなにゆっくり歩いたの初めてだよ!というくらいゆっくりと。
          またゆっくりベッドに戻る。尿カテを外してもらう。ああ、すっきり。
          すると看護師さんが、これから着替えるのでパジャマとパンツ出しておいて。点滴がついてるので着替えは手伝うので。と言って去ってしまった。
          えっ…あの高いところにあるバッグを出すのか…今、自分で。
          泣きそうになりながら片手で、何とか高いところと狭い下の方からバッグを出し、長いパジャマとおばちゃんパンツとナプキンを出す。

          また看護師さんが来て、おしぼりをくれた。顔を拭くと、目やにやら涙やらいろんなものがついてた。
          点滴をパジャマの袖に通し、ベッドの下の方にぐちゃっと寄せてある電気毛布や足マッサージ器は後で取りに来ますから、と言って去ってしまった。忙しそう。土曜だからなぁ。
          とりあえずオペ着を脱ぎ、自分で体を拭き、パジャマを着る。
          パンツを………。
          今、お腹にはT字帯と、なんかビニールに包まれたでっかいガーゼみたいのとか、いろいろくっついている。そのままではパンツはけない。
          うーん…自分で取るわけにもいかないし。
          初めてナースコールを押す。
          やって来た看護師さんにお腹のもろもろを取ってもらう。小さいガーゼ4つだけになった。ほらー、やっぱりこれ自分では無理だよ。
          看護師さんは忙しそうに去り、自分でナプキンつけてパンツをはく。
          うむ、すっきりした!
          早速腕時計をする。時間わからないと不安。

          なんか、昨夜から咳が出そうな感じ。当然咳をすると痛いので、我慢する。
          喘息と言われたことはないけど、時々気管支がゴロゴロいったりする。今そんな感じ。
          これ咳が出たら止まらなくなるやつ。今それは絶対に避けたい。なので、我慢しておく。

          痛み止めの薬を飲んでみる。
          一応毎食後になっているけど、頓服として飲んでもいいとのことなので、痛い時に飲むことにした。今そんなに痛くないけど、どの程度で飲んでいいのかよくわからない。

          お昼になり、ご飯が来た。5分粥とお浸しか何かだったかな。食欲はないけど何とか流し込む。

          主治医の先生が来て、手術の話。母に聞いた通り、結構大きくて別の腹腔鏡の先生も呼んで大変だった。と2回言った。本当に大変だったんだろうな。
          写真も見せてくれた。絵に描いてもグロいので控えますけど、隅っこに写ってるちっちゃいのが子宮、写真の大部分に切り刻んで広がってるのが筋腫。1kgぐらいあったそうな。
          大変で結構ぐりぐりやっちゃったので、5mmの穴が結果的に7mmくらいになったと。はぁ…(笑)
          まぁ、無事済んで良かったです。手間かけてすみません、先生。
          「子宮の上に牛乳パック乗せてたみたいなものだから、よく育てたっていうか(笑)痛いのとかも我慢しちゃうタイプだと思うから、我慢しないで薬使っていきましょう」って。えっ、なんでわかった?(笑)

          気付くと、パジャマが流血(薄いけど)。もう乾いている。ドレーンを抜いたところから、残った洗浄水が漏れ出たようだ。母の長いパジャマがもう1枚家にあったな…夫に持って来てもらおう。

          はっ、点滴の管に空気が少し入っている。ゆっくりと近づいてくる。あっ、あっ、あっ………入っちゃった。
          そういえば、夜中に点滴替えた時も気泡が入って行ったっけ。
          あれ、血管に空気入ったら死んじゃうんじゃなかったっけ。少しぐらいならいいのかな…。

          はす向かいの方は、同じ日に手術をして、今日退院して行った。
          えええ、私はまだ起き上がったばかりでふらふらなのに!!
          同じような手術だと思ってたけど、違ったのね…。
          ちなみにずっとレンタルパジャマで、なんか手ぶらで来ましたって感じ。
          荷物多すぎる私とは対照的(笑)

          母と妹夫婦が来た。程なく夫も来たので、みんなでデイルームへ。
          いや、普通に話してますけど、これ術後一番の遠出ですからね。
          笑うと痛いから、あまり笑わせないでください…(笑)
          しばらくお話して、ベッドに戻り血みどろのパジャマを着替え。母が洗ってくれると言うので頼む。
          そこへ看護師さんが来たので、昨夜からベッドの下の方に置きっぱなしの電気毛布と足マッサージ器を回収してもらう。
          編み物の糸が足りなくなりそうなので、夫に頼む。ダイソーで買って来て〜。

          みんな帰ると静かだなぁ。
          夜ご飯は全粥。早く普通のご飯食べたいなぁ。

          今日の金田一のゲストはまっすーだよ!!見たいけど、もうみんな寝てるし、30分で消灯だし、家で最高画質で録画してるから我慢。
          昨夜よく寝てないから、すぐに眠りに落ちた。



          ブログランキングに参加しています。
          よろしかったらひとポチお願いします。
          にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ
          にほんブログ村

          JUGEMテーマ:子宮筋腫


          手術当日

          0
            (ただ今遡って書いております)

            6時頃、目覚める。昨夜早く寝たし、窓際なので明るくて起きちゃった。

            手術はお昼頃とのことで、朝ご飯はありません。暇…。
            大野さんのラジオをスマホで聴き、編み物をして待つ。ひたすら待つ。

            (昨日、スマホやりにベッドを離れたら呼ばれたのにいなかった、ということがあったので、ベッドでスマホやっていいか看護師さんに聞いてみました。本当はダメってことになってるけど、絶対ダメとは言えない…ごにょごにょ。って感じだったので、音を出さずに(ブルブルもなしで)こっそりやっちゃうことにしました。寝る時や手術中、寝たきりの時などは電源を切りました。)

            夜飲んだ下剤はまだ効いて来ない模様。
            看護師さんが座薬を持って来て、トイレで自分で入れて、10分くらいしたら排便してください。とのこと。
            おお、これも自分で入れるのか。
            目の手術の時は下剤なかったかな…目だからな。
            出産の時は陣痛でウンウン言ってたので、助産師さんが入れてくれたっけ。
            初・自分で座薬。
            しばらくして少し出たけど、全部って感じではない。
            手術までにちょこちょこ出たけど、いやー私の腸に入ってるうんち、これっぽっちじゃないなぁ(笑)

            母と夫が9時半頃やってきた。一緒に父の車で来たそうだけど、駐車場がいっぱいで父はとんぼ帰り。そういう人なので大丈夫です(笑)



            編み物がはかどるはかどる。
            ちなみに柴犬を編んでます。

            夫と母が、窓から遠くに見える建物が何かを議論している。私はうちの近くのマンションだと思うけどなぁ。

            早ければ11時、と言っていたけど、なかなか呼ばれない。
            はす向かいの方が昨夜から同じように下剤を飲んでいる模様。私の前のオペかしら。
            と、その方が12時頃になってオペ室に向かった。
            じゃあ私はあと2時間ぐらい後かしら?と思ったら、1時間もしないで呼ばれた。
            オペ着(でかすぎる…)に着替え、オペ室に向かうことに。
            オペ着はぶかぶかで寒いのでパーカーを着て、髪はゴムで結び、めがねとケース。
            昨日めがねを持ってきてくださいと言われたのは、自分で歩いて行くからなのですね。
            ベッドは後からオペ室まで来てくれるそうなので、敷く用バスタオルとT字帯だけ出して、余計なものはしまっておく。

            オペ室に着き、バーコードをぴっ!てやって、名前と生年月日を言って、めがねやパーカーを預け、自分で手術台に乗る。
            怖いよー、とか考える暇もないほどてきぱきと進み、酸素マスクをつけられ、点滴を刺される。
            「これからお薬入れますねー。手がちょっとしみますよー」と言われると同時に、点滴刺したところからじわーっと痛くなる。と思ったらもう意識がなかった模様。
            全麻って初めてなんだけど、落ちる瞬間もわからないのね!すごい!

            次に気づいたら、麻酔から醒めた、というか醒まされたところだった。不思議な感覚。
            と同時に気管に入れた管を抜かれたみたい。
            起きてからなんて絶対やだ!と思ってたけど、記憶もないほど一瞬だった。神業(笑)
            気持ち悪くないですかー?みたいなことをいろいろ聞かれたと思うけど、小さい声で返事をした(つもり)。
            なんかいっぱい管やら足マッサージ器やら何やらつけられて、体は動かない。というか動かそうとも思わない。
            そして、寒い!!
            既に自分のベッドに寝ていて、ガラガラと押されて病室に向かっている間、波のように寒気が襲ってきて、全身が今までないほどにぶるぶる震える。看護師さんが、病室に着いたら電気毛布入れますねーって言う。
            起きてるけどまだ眠い。うとうとすると寒気で起きる。

            病室に着くと、母と夫がいた。
            長かったのよー、4時間もかかったのよ。心配しちゃった。と言う。
            へっ、4時間!?
            母と夫は既に先生から説明を受けていて、結構大きくて大変だったと聞かされた。
            (私には、麻酔がきちんと醒めた翌日に説明してくれるそうです)
            大きいのは自分でもわかっていたけど…そうか、結構大きかったのか…。
            今何時?と聞くと、6時。夕方の。
            ようやく寒気も収まり、私がまだうとうとしていたので、母と夫は帰ってしまった。いいっすよ、何もすることないし。

            めがねしてないのであまりよく見えないけど、なんかすごいいろいろつながれてる。
            点滴、酸素(鼻につけるやつ)、足マッサージ器(これが結構うるさい。同室の方ごめんなさい)、導尿。
            ドレーンもついてるはずだけど、どうなってるのやら。お腹周りは何かいっぱいつけられてるみたいだけど、見えない。

            ぶぉんぶぉんぶぉんぶぉん、ぷしゅーーー、と繰り返す足マッサージ器の音にたびたび起こされながら、うとうとしていると夜勤の看護師さんが来た。茶髪メガネのイケメン(≧∇≦)
            その夜は、1時間おきぐらいにその茶髪イケメンが来て、血圧測ったり検温したりしてくれた。

            深夜、体温38度。そういえば、暑い。電気毛布を弱にして、アイスノン持って来てくれた。
            どれくらい経った頃か、頭が寒くて起きた。アイスノン返却。
            水飲めたら痛み止めを飲んでいいと言うので、申し訳ないんですけど、デイルームにある冷蔵庫にペットボトルを取りに行ってもらい、ストローをつけてもらった。
            イケメンが去った後、飲んでみるか…と思ったら、中のストローがついてなかった。これでは飲めない…。
            次に来た時に取り付けてもらった。ほんといろいろすみません…。
            しばらくして、じゃ飲んでみよう、と思ったら、ふたが開かない。ああ…。
            左手は点滴をしていて使えない。半日寝たきりだった右手はむくんで使い物にならない。
            うう…。た、たすけてー…。



            ブログランキングに参加しています。
            よろしかったらひとポチお願いします。
            にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ
            にほんブログ村

            JUGEMテーマ:子宮筋腫


            手術1日前 入院

            0
              (ただ今遡って書いております)

              いよいよ入院です。
              父が車を出してくれると言うので、お言葉に甘えて。
              夫は今日から1週間と1日、来週の木曜まで休みを取ってもらいました。
              夫は毎日来て洗濯物を回収してくれるそうですが、息子は病院には来ないそうです。
              弱ったお母さんを見るのは嫌だろうし、部活やら塾やら忙しいんですよね(笑)

              夫には、LINEのノートにいろいろ書いておきました。大丈夫かしら…(笑)
              土日はいつも料理をしているので、ご飯は安心なんですが、洗濯をしたことがなくて。

              夫は手術の説明を聞くため、同行。父はいても仕方ないし、ここまで。
              受付をしてしばらく待つと、病棟に行くよう指示される。
              病棟に上がり、ナースステーションに声をかけてからデイルームで待つ。
              しばらくすると、同年代?の女性、年上のおじさまと一緒に呼ばれ、身長体重を測り、それぞれ病室へと案内される。

              あ、家で体重測ってくれば良かったなぁ。何キロ減るかなぁ。うひひ。

              看護師さんが私に言う。私が入るはずのベッドがまだ空いてないので、それまで仮のベッドに案内します、と。
              あれ、網膜剥離の時もベッド移動したなぁ…出産の時もベッド空いてなくて、倉庫みたいなとこに寝たなぁ…(笑)
              そんなによくあることなのかしら。

              6人部屋の入り口近く、結構薄暗い。
              すぐ移動するから、あまり荷物を広げないでいてください、とのこと。
              とりあえずかばんのままベッドに置いて、しばし待つ。
              パジャマに着替えてしまうと一気に病人ちっくになってしまうので、まだ着替えないでささやかな抵抗。

              この部屋の人はお年寄りばかりで、寝たきりの人もいる。痰の吸引とかもしている。
              ううう、早くほんとのベッドに行きたい…。

              マラソンの高橋尚子さん似の担当看護師さんが来て、説明とか血圧とか採血とかネームバンドつけたりとか。
              かわいい人で良かった〜。
              最近は採血もノートPC持ってきてバーコードをぴっ!てやるのね。ハイテク〜。

              ナースステーションの近くなんだけど、ナースコールが浪漫飛行なの。
              これトラウマにならなきゃいいけど。と夫が言うので、元米米ファンとして言っておきました。
              「浪漫飛行は10種類ぐらいある。ナースコールぐらいではへこたれない。」フフン。

              そうこうしてるうちにお昼になったので、夫は展望レストランとやらに行った。
              私のお昼ご飯は常食。お魚だったかな。

              夫は手術の説明があるというので待っているのですが、なかなか呼ばれない。
              デイルームでテレビカード買ってきて、と頼んだら、なかなか帰って来ない。
              暇なので編み物を始める。
              やっと夫が帰ってきた。細かいお金がなくて、外来のところのATMまで行ったらしい(笑)
              iPodに使っている榎本仕様のイヤホンをテレビにつけてみる。うーん、ちょっと短いな…。
              家に長いのがあったはず。明日持ってきてくれるよう夫に頼んだ。

              やっと先生からお呼びがかかり、外来へ。
              手術の説明を受け、同意書にサイン。
              その他、肺血栓塞栓症予防、特定生物由来製剤使用、輸血などの同意書にもサイン。



              術式は「腹腔鏡下子宮摘出術」
              お臍1.2cm、他3ヶ所に5mmの穴を開け、照明やカメラ、はさみなどを入れ、ガスを注入しお腹の中を広げます。
              子宮と筋腫を支えている靱帯などを切り離し、膣から出すために筋腫を細長く?切ります。
              膣から出し、膣上部を縫います。
              取り出した子宮と筋腫は病理に出します。
              右の穴にはドレーンをつけ、体内に残った洗浄した水などを出します。
              何事もなければ、術後3日目に退院とのこと。
              術後、排尿時に痛みがあることがある。膀胱が収縮するとどうしても周りの組織を引っ張ってしまうためなので、仕方ない。とのこと。

              夫もいることだし、先日別の先生に聞いたあの記事のことをもう一度聞いてみました。
              モルセレーターというその器具はとてもとても便利なものだけど、お腹の中で切り刻む(というか削る)時に小さな破片が飛び散り、もしそこにガンがあった場合にガンが飛び散ってしまう。
              なので、その器具は使わず(←そこ一番聞きたかった)小さいはさみで切るので破片は飛び散りません。とのことでした。
              手術前にきちんと聞けて良かった。

              あと麻酔の説明があるけど、夫は同席しなくていいとのことなので、夫は帰宅。
              15時半にお風呂の予約。

              しばらくして、ベッドが空いたと言うことで、ベッドごと移動。あ、そうか、そうだよね。
              移動したところは窓際でとても明るい。やったー♪
              寝たきりの人もいないー!

              ここの階は婦人科専用病棟ではなく、同じ部屋にもいろんな科の患者さんがいる。
              みんなカーテンを閉めていて、挨拶もできない。

              とりあえず荷物を収納。



              ここの収納は、結構高いところと一番下。しかもすごく狭い。これ術後出し入れするの嫌だなぁ。
              かばんが入らないので、棚板を外す。音立ててごめんなさい。
              ほんの5日間だし、1日は寝たきりだし、あまり出さずにかばんごとしまう。一番上は使わない。

              仕方ない、そろそろパジャマに着替えるか…。
              半袖パジャマ+スナフキンのリラコ。とパーカー。一気に病人だ。

              はす向かいのベッドに、一緒に案内された女性がいるようだ。
              レンタルパジャマ(というか健診着)を着ている。
              うーん、楽だけど、あれは着たくないなー。気が滅入るわ。

              お風呂の時間になり、看護師さんとお風呂へ。
              今は剃毛を自分でするんですね!びっくり!
              夫の髪の毛を刈っているような電動バリカンを渡され「恥骨より上だけでいいので。できたら確認するのでナースコール押してください」と。
              ついでにお臍の処理も、と綿棒とオリーブオイルも渡されました。

              電動バリカンで刈り、お臍もくりくりっとし、ナースコール押して看護師さんに来てもらい確認。
              「恥ずかしいところにすみません」とか気遣ってくれて。こちとら出産もしてるし何でも出して来てるんで!!全然平気っす!!(笑)

              ジュレームとサボンド警部でいい香りに包まれ、シャワー終了。
              この後シャワー入れるの何日後かしら…。

              麻酔の説明にはまだ呼ばれなさそうなので、売店に飲み物を買いに行き、エレベーター前のソファでしばしスマホ。
              そのソファとデイルームでは携帯可なんだけど、ソファの方が呼ばれた時気づくかなと思って。
              バスタオルの敷く用が要ると聞いたので、母に電話。あの家は何でもあるなぁ…(笑)

              ベッドに戻ると、どうやらいない間に呼ばれたようで。す、すみません…。
              オペ室の方に行くように言われ、例のごとく行き方(写真入り!)を書いたカードを渡されました。
              オペ室受付で声をかけると、近くの面接室で待つように言われ、ほどなく麻酔の先生登場。
              網膜剥離の時の麻酔のこととかを聞かれ、麻酔の説明を受ける。
              全身麻酔は点滴から薬を入れる。眠った後、気管挿管をする。
              実は私は嘔吐恐怖症というか、もう30年以上吐いたことがない。
              気管挿管が心配だったけど、眠った後だし問題ないそう。
              麻酔が醒めた後に気管に入れた管を抜くけど、心配ないと。
              本当に心配ないのか…!!
              まぁここで抵抗しても無駄なので、署名。

              病棟に戻り、今日やることは概ね終わった感じ。
              ご飯まで編み物。
              晩ご飯も常食。おかず少なっ!と思うけど、腹八分目でいいのかも。
              メニューが選べるようだけど、入院5日間では間に合わない。朝はパンが良かった…。

              7時になったので、テレビをつけてVS嵐を見る〜♪
              両耳イヤホンだったので、看護師さんが来たのに気づかなかった。
              やっぱり片耳の方がいいのかも。

              ところで、このテレビカードシステム、1分1円なんだけど、CM中も1円2円かかってるわけで。1時間番組で15分ぐらいCMあるわけで。
              いや、1円くらいいいんだけども。でも、でも〜。

              VS嵐も終わり、消灯までまた編み物。
              その間、薬剤師さんが来て、寝る前に飲む下剤の説明。
              さらに手術室看護師さんが来て、挨拶。ああ、こちらこそよろしくお願いします。
              既にコンタクトを外しめがねになっていたので、手術の時もめがねとケースも持ってきてくださいね、とのこと。

              消灯は9時半。しかし6時のご飯が終わると既に静かすぎる。寝息も聞こえてくる。
              いつも1時とかに寝てるのに、9時半に眠れるかしら…。

              9時過ぎ、マグカップに水を少し入れ、もらった下剤を15滴入れて飲む。
              枕が硬い。そば殻みたいな小さいの。ううう。
              10時くらいには寝たかな。いびきかいてたらごめんなさい。



              ブログランキングに参加しています。
              よろしかったらひとポチお願いします。
              にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ
              にほんブログ村

              JUGEMテーマ:子宮筋腫

              1

              ブログランキング

              ブログランキングに参加しています。 よろしかったらひとポチお願いします。
              にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ
              にほんブログ村

              calendar

              S M T W T F S
              1234567
              891011121314
              15161718192021
              22232425262728
              293031    
              << March 2020 >>

              message


              selected entries

              categories

              archives

              recent comment

              links

              profile

              search this site.


              others

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM

              PR